第11回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会において、以下の通り共催セミナーを開催いたします。

【日時】2019年6月14日(金)12:30~13:30

【会場】札幌コンベンションセンター 第5会場 2F小ホール

【セミナー名】ランチョンセミナー14「実践 股・膝関節の変形性関節症に対する再生医療~間葉系幹細胞移植と当院 ASC療法の短期成績を中心に~」

【座長】二木 康夫先生(慶應義塾大学医学部 整形外科学教室)

【講師】桑沢 綾乃先生(埼玉協同病院 整形外科 関節治療センター)

【共催】第11回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会/セルソース株式会社

【概要】「プロスポーツ選手の再生医療治療報道を契機に、関節症領域の再生医療も多くの方が治癒の期待を抱き受診する時代となった。
変形性関節症は外傷と異なり、形成不全やアライメント異常の原因と滑膜炎に伴う軟骨の変性・磨耗が経時的に進行し悪化する疾患である。
原因の是正もなしに、再生医療がどこまで効果が出るのか?人工関節医としては疑心暗鬼の側面も強かったが、保存加療を余儀なくされる方にも様々な選択肢を提供したいと、昨年から人工関節・再生医療の 2 本柱で関節治療センターを開設した。現在、股・膝関節への数種類の再生医療(cell therapy)を行っている。今回はその中でも間葉系幹細胞移植である脂肪由来幹細胞を使用した ASC 療法を中心に、その作用や現在の知見、当院の短期成績を報告する。」(抄録より引用)

以上

ダウンロード(PDF)

SHARE