当社は、この度、脂肪幹細胞の抽出・培養を受託する「脂肪由来幹細胞培養受託サービス」(以下:本サービス)が横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科に採用されたことをお知らせします。

本サービスは、乳房再建手術において著名な佐武利彦医師(形成外科部長、診療教授)を中心に提供開始される乳房組織欠損に対する乳房再建治療に用いられます。なお、脂肪組織由来培養幹細胞を用いた再生医療による乳房再建は、大学附属病院初の事例となります。

※治療の名称:脂肪組織由来幹細胞(adipose-derived mesenchymal stem cell)の投与による乳房組織欠損治療

【脂肪由来幹細胞培養受託サービス 概要】
本サービスは、医療機関さまより患者さま自身の脂肪組織を預かり、再生医療に用いるための脂肪幹細胞を抽出・培養する作業を受託するものです。

 

詳細は、下記PDFをご覧下さい。
【プレスリリース】セルソース脂肪由来幹細胞培養受託サービス、 横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科にて採用

SHARE